« オノ・ヨーコの言葉 | トップページ | マスコミはどれだけ事実を報道しているか »

2006年4月13日 (木)

やはり軍隊は本音を言わない

 「文民統制」 = 軍人に代わって政府が「国民を統制する」ことか?

 昨日、朝の日課である購読新聞3紙の切り抜きをした。「キャンプ座間・新司令部:ストライカー旅団の指揮も」 なぜか朝日には見当たらず、神奈川新聞が4段見出しをぶち抜いて取り上げた。各紙の報道を総合すると、危険な再編だと思えてくる。

 (参議院外交防衛委員会での緒方靖夫議員の質問に、外務省遠山政務官と額賀防衛庁長官の答え)

 「第一軍団司令部は改編されて座間に移転するが、固定の実働部隊は有さず、事態に応じて適切な部隊が隷下に組み込まれる。」 、「このためストライカー(装輪装甲車)旅団も含め、いかなる部隊を指揮するかは一概に言えない。」

 ストライカーと称される「時速㌔で走行できる、8輪タイヤつき戦闘装甲車」で、イラク占領に投入された。つまり日本の安全のために役立つものではない先制攻撃専門の部隊。
 緒方議員は、『ストライカー旅団を指揮する可能性はあるのか』 と質問し、政務官は「米軍の運用内容にかかわることであり、わが国が公式に申し上げることではない」
と答えたという。

 また、相模総合補給廠400両もの車両を配置する計画について、額賀防衛庁長官は
 「司令部の機能を強化するので戦闘車両ではなく要員の輸送や通信機能を向上させる車両が中心」。 「ストライカー旅団的なものを配備するかについて、日米間で話合われているわけではない」 、配備車両について 「制限を設けるという話を(日米間で)しているわけではない」 

 つまるところ 「米軍の運用に関わることだから、何もいえない」 っていうことらしい。

一旦は相模補給廠に自衛隊は来ないと言うことにして、司令部が来て400の車両のうちのストライカーを使って、自衛隊を訓練することが 「日米軍事再編」だと思う。(あきさん)

|

« オノ・ヨーコの言葉 | トップページ | マスコミはどれだけ事実を報道しているか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/9551423

この記事へのトラックバック一覧です: やはり軍隊は本音を言わない:

« オノ・ヨーコの言葉 | トップページ | マスコミはどれだけ事実を報道しているか »