« ロイヤル覚書の続き | トップページ | 実際の経過 »

2007年6月15日 (金)

日米統合司令部が始動していた

日米政府が推進する在日米軍再編は米軍と自衛隊のいっそうの一体化

6月13日、在日米軍のブラウン参謀長は、在日米軍再編で米軍横田基地に設置されることになっていた「共同統合作戦調整センター」が、すでに活動していることを認めたのだ。

座間キャンプに設置される米四軍の、新作戦司令部と自衛隊の中央即応集団司令部の共同活動もすでに始まっているかもしれない。

既成事実だけがどんどん進んでいく。
安倍首相と自民・公明の与党が「社保庁解体」と叫んでいる間も、座間キャンプの動向から目を離してはいけない、ということか。(あきさん)

|

« ロイヤル覚書の続き | トップページ | 実際の経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/15433646

この記事へのトラックバック一覧です: 日米統合司令部が始動していた:

« ロイヤル覚書の続き | トップページ | 実際の経過 »