« 緊急のお知らせ | トップページ | 小沢代表は、延長に反対を表明しているが »

2007年8月20日 (月)

危ない GSOMIA

8月10日に日米政府が結んだ秘密軍事情報保護協定とは

 先ごろメディアが大きく取り上げた「自衛官によるイージス艦の秘密漏洩」騒ぎの3日後にGSOMIAの基本がまとまっていた、と一部に報道され、一種のやらせの予感がした。

 昨年日米で合意された日米軍事一体化で、合せて合意していた問題だが、ただでさえ米軍や自衛隊の情報を隠し、まともな説明をしていません。

 その上にGSOMIAは何を保護しようとするのでしょうか。

 協定の内容は、口頭、映像、電子、磁気、文書、装備、技術など「情報の形態」に関わらず、『日本政府が秘密に指定した情報のすべて」です。

 日本政府は今でも、12万8000件の軍事情報を秘密指定しており、メディアも国民も軍事動向はわからないようにされています。イラクで航空自衛隊が何人の米兵を運び、物資の内容は何だったのか、バグダッドへの空輸に使われた自衛隊の輸送機に銃弾の跡ができていることも、一切説明しません。

 軍機保護法で軍事動向を国民から切り離すには、重い罰則がついて回ります。
9条を持つ国で、軍事の独走を見逃しては危険です。この協定は「国会に図られることがなく発効させたことは、シビリアンコントロールさえも無用にする暴走の政治です。(あきさん)

 G

|

« 緊急のお知らせ | トップページ | 小沢代表は、延長に反対を表明しているが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16183846

この記事へのトラックバック一覧です: 危ない GSOMIA:

« 緊急のお知らせ | トップページ | 小沢代表は、延長に反対を表明しているが »