« イラクはサッカーも強いが労組もナカナカらしい | トップページ | テロリストは犯罪者 »

2007年8月25日 (土)

強襲揚陸艦LCACの用途は?

8月22~23日にかけて海上自衛隊がLCACで演習をしたが

 静岡県沼津市の米軍今沢基地の沼津海浜訓練場で、海上自衛隊が、LCAC強襲揚陸艦による揚陸訓練をおこなったという。大型輸送艦「おおすみ」で運ばれた2艇のLCACが、洋上訓練の後、500メートル沖合いから、延べ18回も揚陸訓練をくりかえしたそうです。

  LCAC(=エルキャック)は、Landing Craft Air Cushion(ed)の頭文字を取った名称。エアクッション(ホバークラフト)型揚陸艇の意味。
これを調べて見たところ

米海兵隊の揚陸作戦に使用される水陸両用エアクッション艇で、沖に停泊する揚陸艦から、戦車、装甲車輛、榴弾砲、補給物資、人員などを上陸地点まで時速70km以上で輸送する機能をもつている

LCACの実用化は揚陸作戦に劇的変化をもたらした。従来型上陸舟艇は速度が時速20km程度と遅く、ゆるい傾斜の砂浜にしか上陸できないため、上陸地点は世界の海岸の15%に限定されていた。また、潮の満ち引きに影響されやすく、機雷および上陸阻止用の障害物にも弱い。 

 これに対して、エアクッション型のLCACは世界の海岸線の70%以上に上陸可能となり、敵側はLCAC上陸地点の予測が困難となった。防御の手薄な海岸を選んで上陸できるため、海兵隊員の生存性が向上、運用面での柔軟性も増した、とされる。
 また、潮の満ち引きに影響され難く、海岸よりさらに内陸部への輸送も可能である、というもの。

 これは日本の防衛の用途には不要な武力であることは明白で、まさに海外に出かけ「敵国」とする国に「同意なく軍隊を戦車ごと揚陸する」という侵略用の機能をもった装備である。

 自衛隊がなぜこのような装備をもち、使用する訓練をするのか?
ここには、国際貢献を

「相手国の同意なく行なう」という真相をあらわしているのではないか。(あきさん)



|

« イラクはサッカーも強いが労組もナカナカらしい | トップページ | テロリストは犯罪者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16226329

この記事へのトラックバック一覧です: 強襲揚陸艦LCACの用途は?:

« イラクはサッカーも強いが労組もナカナカらしい | トップページ | テロリストは犯罪者 »