« テロ根絶に必要なのは「犯罪への対処」ではないか? | トップページ | アメリカの太平洋戦略は »

2007年9月 2日 (日)

防災訓練に米軍の強襲揚陸艦・艇は似合わない

改憲と戦争肯定論者の石原都知事は、昨年から都の防災訓練に米軍を参加させている。
2回目の今年、米軍は8月29日の正午に、参加するドック型の揚陸艦「トートュガ」(米海軍佐世保基地)を公開した。

防災訓練に米軍が参加するのは、形式的には「都の要請」に基づくのだが、石原知事の思惑は、本当の「防災の効果」にはないだろう。

艦長のトッド・ルイスしは、記者会見を開き、「当艦は東京湾に投錨し、艦内に搭載しているLCAC(エアクッション型揚陸艇)で、『帰宅困難者』を約100人、『艦内に収容』すると、作戦を披露した。

この内容をみても、実際の防災対策とはなりえないことは明白だから、「一般の海浜ではない、都市型港湾施設への揚陸訓練のチャンスとみているのではないか」とか、「帰宅困難者を100人収容するのでは防災対策としての実効性は薄い。米軍再編で人民の抵抗が大きかったので、対米親近感を醸成しよう、 という心理作戦ではないか」、と思ってしまう。

さて、皆さんはどう思いますか? (あきさん)

|

« テロ根絶に必要なのは「犯罪への対処」ではないか? | トップページ | アメリカの太平洋戦略は »

コメント

緑茄子多摩子さん
コメントをありがとう。
 石原知事は「大陽の季節」以来、目立ちたがり屋で、自己チュウの見本ですよね。
 あの強引さに都民が共感を感じてダントツ得票するから「何をやってもウケル」と錯覚するんだと思いますね。
 ところで、このメッセージは1日の午前9時に書いたのが掲載されたのが深夜でした。
 晴海に轟音を上げて上陸した揚陸艇で60人あまりの都職員を乗せて艦の戻り横須賀港まで輸送したというのですが、今日の東京新聞も神奈川新聞も取上げていませんでした。
 やはり地震対策の目的も、防災活動としての効果もなかったのでしょうね。(あきさん)

投稿: あきさん | 2007年9月 2日 (日) 18時11分

私もニュースを見て「なんだか芝居臭いなぁ」と感じました。
米軍に帰宅困難者を収容させる‘パフォーマンス‘をさせることで、周りの反感を減少させようとしているのかしら?

どうも都知事のやることはきな臭さが鼻につきます。

投稿: 緑茄子多摩子 | 2007年9月 2日 (日) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16296658

この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練に米軍の強襲揚陸艦・艇は似合わない:

« テロ根絶に必要なのは「犯罪への対処」ではないか? | トップページ | アメリカの太平洋戦略は »