« 海上自衛隊のパフォーマンス | トップページ | 米軍の爆撃機は平時からkラ »

2007年9月 6日 (木)

海上自衛隊がインド洋でやっていること

テロ特措法でも、派兵の大義は「アフガン復興」への支援でした。

 政府広報でも「アフガニスタンを再びテロの温床にしない・・努力を継続」すると言っていました。しかし、アメリカがアフガンへの戦争をはじめてから6年たっているのに、テロは世界中に広がっています。

 テロ撲滅のためには、武力行使=戦争ではなく、テロの根底にある「貧困を解決する」ことが大事です。しかし、自衛隊がインド洋でやっているのは、ソマリア周辺とアフガンの間のテロリストの移動にたいする 「海上阻止作戦」 を行なっている各国艦船への給油です。

 この給油の内容を政府は伏せていますが、実際に給油を受けている米海軍はインド洋からペルシャ湾にいたる範囲で、「対テロ」作戦と、「対イラク」作戦を「一体的」に行なっています。

 これまでに、03年2月に、イラク戦争に向かう途中の米空母キティホークと、随伴艦2隻に海自が給油を行なったことは米軍と自衛隊が認めています。しかし、今年1月に米軍が行なったソマリア南部を攻撃して多数の民間人が犠牲になっています。

 このアメリカの戦火の拡大も「対テロ」だから、と海上自衛隊がソマリア攻撃艦船への燃料給油を行っていることは、「アフガニスタンへのテロ対策」ではなく、米軍の戦争にどこまでも支援することになり、テロ特措法の逸脱です。

 まだ、政府の発表はないものの、8月に作成した海自の主な給油ポイントに「ソマリア沖海域」が記載されているそうです。

 まさか、5カ国の共同訓練 『マハバール』  に参加している艦船への給油までやっていることはないでしょうが、すべて軍事機密の壁にかくされている。(あきさん)

|

« 海上自衛隊のパフォーマンス | トップページ | 米軍の爆撃機は平時からkラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16362789

この記事へのトラックバック一覧です: 海上自衛隊がインド洋でやっていること:

« 海上自衛隊のパフォーマンス | トップページ | 米軍の爆撃機は平時からkラ »