« フランス前首相のイラク戦争批判 | トップページ | 総理大臣が職責をかけて無料給油を続ける? »

2007年9月 9日 (日)

なるほど「新思いやり予算」だったか

 陸上自衛隊が東富士演習場(静岡県)に建設していた大規模な市街戦訓練施設、が昨年完成した。この施設が大規模な外国の町並みを再現していることから、「陸自が海外派兵の訓練をはじめるのか」 と危惧していた。

 ところが、今年8月に、この施設を初めて使用し訓練したのが米海兵隊であった。(米海兵隊ニュース:8月24日付)

 訓練に参加した米海兵隊員は 「(訓練施設は)テレビのニュースで見ているイラクのような場所に似ており、われわれが必要としている訓練のための施設だ」 と語ったという。

 これまでも沖縄の米海兵隊は、キャンプ・ハンセンなどの市街戦訓練施設をイラクに見立てて訓練している。 米軍はイラク戦争遂行で市街戦訓練を重視しており、今回の訓練もイラクでの戦闘を想定していた可能性がある。

 東富士演習場に完成した陸自の市街戦訓練施設は、事業費は約25億円。同ニュースによると、スーパーマーケット、官公庁舎、ホテル、学校、銀行など十一の建物があり、「もっともすぐれた都市型戦闘(市街戦)訓練施設の一つだ」 と評価している。

 訓練に参加した米海兵隊は、キャンプ富士(静岡県)に駐留する補助警護部隊(CASF)。訓練は8月15~6日の2日間実施され、1日目は簡易手製爆弾の発見・処理、2日目はパトロールなどを行ったされている。

 また、この市街戦訓練施設は、各建物の内部や屋上にカメラが設置され、部隊の行動を逐一モニターでチェックできるようになっているが、海兵隊はこうした最新の装置を高く評価している、とニュースはつたえており、今後もこの施設を利用して訓練を行なうと思われる。

 国民の税金を投入して米軍の訓練施設を作ったようなものではないか。これでは「新型の思いやり予算」であろうが。もちろん、自衛隊がイラクにでかけて市街戦をやるなどはあってはならないことだが。(あきさん)

|

« フランス前首相のイラク戦争批判 | トップページ | 総理大臣が職責をかけて無料給油を続ける? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16394108

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど「新思いやり予算」だったか:

« フランス前首相のイラク戦争批判 | トップページ | 総理大臣が職責をかけて無料給油を続ける? »