« なるほど「新思いやり予算」だったか | トップページ | ちょっと事件が発生して休止します »

2007年9月10日 (月)

総理大臣が職責をかけて無料給油を続ける?

安倍首相が「私の職責を賭して、テロ特措法を継続する」と決意のほどをを述べた。 しかし、国民はそれを望んでいるだろうか。何よりも、構造改革の途中結果でも、国民生活は絶望状態に追い詰められており、国内で解決を迫られている諸課題は山積している。これをこそ「職責を賭して」も取り組んでもらいたい。

 インド洋で他国軍艦に無料で燃料給油をして、どれだけテロ根絶に役立っているのか、肝心なことは何一つ明らかにしない。(?できないというべきじゃ?)

 それなら、まず「総理の首をかけてやるほどの価値があるのかどうか」を示すべきでしょう。それとも、いまの総理大臣の首の価値は「その程度」ってわけですか?

 どっちにしても、それほど代議制が機能しないなら、国民に情報を明らかにして、シビリアン・コントロール=民意を問うべきです。(あきさん)

|

« なるほど「新思いやり予算」だったか | トップページ | ちょっと事件が発生して休止します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172678/16407104

この記事へのトラックバック一覧です: 総理大臣が職責をかけて無料給油を続ける?:

« なるほど「新思いやり予算」だったか | トップページ | ちょっと事件が発生して休止します »