« 2007年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2007年11月28日 (水)

12月19日をまえにして

市役所に掲げていた「米軍基地全面返還」を求める垂れ幕が外された?

来年秋までに座間基地に移動するといわれていた、アメリカのフォートルイス基地に配置された陸軍第一軍団の戦闘司令部の、「前方司令部」という直接に戦闘指揮をする部隊が来月19日にスタートする、と発表されている。

座間市は星野さんが「ろくに説明もしないで、米軍の都合だけでどんどん進めていくことに抗議しているから、米軍再編「協力」交付金は1円も出ない。

相模原市は、総合補給廠の15ヘクタールが返還されるというので、市役所にかけられていた、米軍基地全面返還を求める垂れ幕を撤去して、米軍再編に協力的だから、4億5千万円の交付金を受け取るらしい。

「基地はイヤだが、お金は欲しい」という卑屈なことでは、「100年たっても基地の町」は変わらない。

金は無くとも、戦争につながらない、安らげるまちを願ってやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

さがみの風に復活します

 ご無沙汰しました。

9月11日に休止をしてから2ヶ月たちました。ようやく損害賠償も無く、解約に協定を交わすことができ、解決しました。 規約を逸脱した理事長をやめさせ後任を決めることができました。

住民の組織は民主主義の学校です。
ところが、この間に発生した、ある政党同士の密室談合は、魑魅魍魎の組織の首魁だけに、奇奇怪怪であり、民主主義の作用しない世界でした。

はっきりしたのは、この二つの党が、国民の暮らしに基盤をおいていないことです。なぜなら、年金問題は来年3月までには「一人残らず解決する」と言う約束は3000万件が照合できない見通しがはっきリしました。

今年決めた75歳以上の方々の医療制度も実施する前から、ひどい制度だと分かってしまい、実施を半年遅らせてその間に総選挙をやろうとしていると、疑われるほどのものでした。

ミーとホープ、比内地鶏、赤福、有名なセンベイ、などなど、食にかかわる偽装がばれてしまいましたが、政治家の辞任まで偽装だったとわかり、それによって、「二大政党そのものが偽装」だったかということまで民の知るところとなってしまったのです。

二つの政党が、これまで口にしていたこと、それは、「日米同盟が基軸である」ことでした。また、「靖国政治」といわれる戦前に回帰する政治、ということも、骨太の一致でした。

これに従うのか、流されるのか。それとも「国民がナニを望む政治を実現することを、自ら考えるのか」 が問われているように見えます。
また、明日。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2011年11月 »