2007年8月14日 (火)

小沢氏と前原氏の対立のゆくえ

11月1日で期限が切れるテロ特措法は、何を支援するか

焦点の中心となっているのが、アフガンを巡る外国軍の軍事行動と国連決議と特措法の関係です。

 テロ特措法はアフガニスタンでの軍事作戦に参加するアメリカやパキスタンなどの艦船へ、自衛隊がインド洋上で行なっている給油支援の根拠とされる法律です。

 アフガンでの軍事行動は
①米軍主導の「不朽の自由作戦」 と、
②国連決議に基づく北大西洋条約機構が指揮する「国際治安支援部隊」
の二つがあることです。

「不朽の自由作戦」は、01年の米国への同時テロの首謀者アルカイダをかくまうタリバン政権を打倒する報復戦争でした。 アメリカは当初、この作戦に他国軍を関与させず主導的に進めたため、国連決議をとりつけることをしませんでした。
★自衛隊の洋上給油支援はこの「不朽の自由作戦」への支援です。

他方、国連決議に基づく国際治安支援部隊の活動は、タリバン政権が崩壊した後で、アフガンの治安確保のため、01年12月の安保理決議1386に基づき設立されたものですが、本来のPKO(平和維持活動)とは違い、「国連憲章第7章に基づく」軍事行動を容認するものとなっています。
このため、情勢が泥沼化してタリバンが勢力を回復するにつれて、タリバン掃討作戦に関わるようになり、本来任務と掛け離れているといわれます。

シーファー駐日大使が小沢氏との会談で、国連決議1746に言及し、米軍の作戦が国連決議に基づくもののように印象付けましたが、今年3月に採択されたこの決議は、武装集団の武装解除をすすめる「国連アフガニスタン支援派遣団」に関するもので、米国の「不朽の自由作戦」を容認するものではありません。

テレビや新聞では、この違いを説明していないため、前原氏のように「国連決議による武装解除が進んでいる中で自衛隊の支援活動を打ち切ってはいけない」という主張が現れてくるのです。(前原氏はこれらを知りつつ、自衛隊派遣を継続しようと主張しているのですが)

マスメディアが、「日米同盟肯定」という立場なために、基本的な事実さえ国民に知らせないのはおかしいとおもいます。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

突き崩せ!日米同盟

民主党の矛盾

11月で期限が来る「テロ特措法」を終わらせることに、民主党内部は割れているかに見える。

小沢氏は「一度反対したものを賛成派できない」
前原氏は「日米同盟を壊すわけにはいかない」

菅氏の発言に注目したが「日本にとって日米同盟は主要関係だ」という。

社民党は憲法を守るというが、安保条約を容認した路線は受け継いでいるらしく、民主党との選挙協力を進めた。党利でしか対応できないと、矛盾にぶつかる。

アフガニスタンの混迷を支えるだけでなく、イラクでの暴虐を支持推進する米艦への給油支援。軍事協力は日米安保条約がある限り、また「日米同盟を基軸」にするかぎり、政権交代での転換は出来ない。

政権構想で、憲法を第一とするか、安保=日米同盟を第一とするかを、国民が見極めて選択しなければ、選挙と政権交代はコップの中の嵐に過ぎない。

さて、シーファー・小沢会談はどういうことになるか。雪崩現象はおこらないとおもうが。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

米軍が日本からいなくなるとホントに危ない?

 米軍は、日本では基地強化で韓国からは撤退・縮小・・・

 このところ竹島を巡って韓国との「緊張」を伝える報道があふれていますが、その前は北朝鮮を巡る報道の氾濫でした。また中国の軍事費の増加傾向についてことさらに語るコメンテーターがいます。

 韓国と北朝鮮を分けている北緯38度線の「軍事境界線」は1953年の休戦協定によって設定しています。(まだ、朝鮮戦争は終わっていないのだ) その年の10月に米国は韓国との軍事同盟を結んで「国連軍として駐留」していたアメリカ軍を、常駐させた。米軍は、38度線で陸続きの韓国にとって、圧倒的な武力によって「韓国の安全を守る抑止力」という役割を果たしていた。

 いま、日本の報道では「北の脅威」がいろいろな角度から煽られて「緊張関係」のように扱われている。そんな中、在韓米軍は大幅な撤退をしている。それどころか、韓国は金大中大統領が金正日との首脳会談をやって以後「太陽政策」をとっており、敵視政策を採っていないのです。陸続きの韓国が太陽をあてて暖めているとき、経済の疲弊していると言う北朝鮮が、日本を侵略する力なんかないと思う。

 日本の報道や特にテレビのコメンテーターと称する人物が声高にいいたててるが、その危機感とは違った流れが現実にある。にせ情報でも繰り返して聞かされると本気にしてしまう。その結果 「米軍の機能強化は日本への近隣からの脅威に対する抑止力」だと、つい思ってしまう。座間基地へ新司令部がくるのに反対や「歓迎しない」と市民が集い、基地を包囲し、声を上げたとき、テレビは無視してきた。
 テレビや大手新聞んが公平でも中立でもないことは日々に体験しているのですが。

 座間と相模原のブロガーの皆さん! 「こんなことがあるよ」という事実の素材を書きましょう。

 そして、ホントに日本が米軍に守られているか、安保条約が誰のためのものか、を市民に伝えたいね。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (1)