2007年8月24日 (金)

イラクはサッカーも強いが労組もナカナカらしい

イラク戦争の目的はやはり石油でしたか

 ブッシュ大統領がいらついています。理由はイラクの石油立法が遅れていることです。マリキ首相につて「不満がある」と述べた上、「更迭もありうる」とまで言いました。

 ワシントンからのニュースレターによると、カナダ、メキシコとの三カ国首脳会談の後の記者会見でのことです。

 21日のこの会見で 「一般的に言ってイラク指導部に対しては一定の不満がある」、として、「石油法制定」の問題をあげ、「イラク政府が国民の要求に応えていないのなら、国民が政府を交代させるだろう」 と述べています。

 また、大統領だけでなく、20日には、米上院のレビン軍事委員長(民主)と、ワーナー前軍事委員長が署名した、”マリキ首相を不信任にして更迭するようイラク議会に呼びかける” 「声明」 を発表しています。

 石油法は今年2月に政府が「承認」し、現在は議会の承認待ちとなっていますが、イラクで最大の労組である石油労組連盟が、「今後30年間に亘って、石油の開発利益を多国籍企業に売り渡すもの」 として、強く反対しているのです。

 この法律には、生産分担協定が盛り込まれており、それが石油開発の権利だけでなく、ロイヤリティー(開発企業が政府に支払う報酬)の額や生産枠の決定権を外国企業 (どこの国の企業かは解かりますよね) にゆだねるものになっています。(このような協定は、他の産油国ではみな反対しているものです)

 イラク石油労組連盟は労働条件の改善と、石油法の撤回、石油資源の公有化を要求して7月に大規模なストを行いましたが、これがイラクの主権擁護の運動の中心になりつつあることが、米政府の不満の元になっているというのです。

 旧フセイン政権下で労働運動が抑圧されていましたが、現在は活発に活動していると言われます。しかし、米占領軍と政府はフセイン時代の「公務員労組禁止令」 を維持しており、団体交渉をも禁止しています。

 アメリカがバクダッドを占領したとき、政府機関などの建物を誘導ミサイルで破壊したのですが、石油省のビルは無傷で残し、施療した直後に、米石油企業の職員が入り込んでいたという報道を思い出します。

 4000人近くの戦死者を出してもなお兵力を増強して、支配を安定させようというアメリカの本当の狙いが、あらわになりつつあります。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

戦争は犯罪 その②

 戦争は国家による武力の行使です

日本は武力を放棄していますが、武力とは軍事力です。武器とそれを使う者ですが、武器という道具は、殺戮と破壊のためのものです。

普通は人が武器を用いて殺傷すれば、殺人罪か傷害罪。家などを壊せば器物損壊罪など刑法が適用されて裁かれます。

「国家の命令による「武力の行使」で、相手国の国民を殺傷した場合は、殺人や傷害で罪に問われません。

しかし人の命を奪うことは許されるはずのない犯罪であり、国家の命令で組織された集団で行なう武力行使=戦争は明白な犯罪行為、しかも武器の性能が高くなって、一気に大量の殺傷が出来るのだから、大規模犯罪です。

 戦争をするときはどの国も 「これから侵略する」という宣言をしないで「自衛のため」といって行なうし、イラクに侵攻した米英軍も 『大量破壊兵器がある。それがテロリストに渡ると危険だから」 という口実だった。

 仮に、国民が「自衛のために武器を持ち、自衛のためなら使っても良い」ということになったらどうだろう。先の地方選挙中に長崎市長が銃撃され命を奪われた。もし、自衛だといって撃ち返すちう社会になったらおちおち暮らしていけないことになる。

 まずは、武器を持たず、武器を使う組織=軍隊を持たない、ことを憲法で掲げたんだから、それを誇りに思い、外交活動の中で堂々と主張することが大事だと思う。

 しかし、その前提として、日本に他国の軍隊がいて、その軍隊がイラクを始め他国の主権を侵し、殺戮と破壊をしていたのでは、信用されない。特に、他国に基地を提供しているだけでなく、その国へ多額の軍事援助をしているのであらば、イラクの人々から見れば、侵略幇助、殺人幇助をしていると見られる。

 その国の戦力強化のために再編成するということで、三兆円もの費用負担をするのだから、それだけでなく、自衛隊の基地に、海兵隊が最新戦闘機でやってきて、共同訓練を始めるというのだから、単なる殺人幇助ではなく共犯者になる意志を明確にした、と思われても仕方ない。 自衛隊員を犯罪にはしらせてはならない。

 憲法9条がかろうじて歯止めになっている。(あきさん)、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

RENUNCIATION OF WAR

1945年から63年も過ぎると、親や兄弟が戦争で負傷したり死亡したという直接体験を持たない国民が国民の多数を占めるようになる。徴兵されて戦争に参加したひとだけでなく、空襲警報におびえ、灯火管制とか、B29が来ると防空壕に逃げ込む恐怖とか、母親など国防婦人会のたすきをかけて竹やりで訓練していたこと、焼夷弾が庭に落ちた恐怖。

そんなことから全てが解放されて、ほっとした気持ちが生々しい時期に、「戦争の放棄」という宣言は、当時の国民がストレートに受け入れたので、「こんな戦争をして日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、恐ろしい、悲しいことがたくさん起こっただけではありませんか。戦争は人間を滅ぼすことです。世の中のよいものをこわすだけです。
だから、今度の戦争を仕掛けた国には、大きなせきにんがあるといわなければなりません。・・・そこでこんどの憲法では、日本の国がけっして二度と戦争をしないように二つのことを決めました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさい持たないということです。これから先日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。(1947年8月の文部省の中学生向け教科書)

憲法で放棄したのに、なぜか自衛隊という軍事組織があり、アメリカと軍事同盟を結び、イラクで「米軍の行動を支えている」というのは何故でしょうか。

続きは又明日。 (あきさん)

には

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

イスラエルとヒズボラの戦争

テロとの戦争とアメリカは言ってまししたが

イスラエル軍はレバノン領内に軍を進めて、「ヒズボラの拠点を叩く」と、都市の破壊を行なっています。当然レバノンの住民に死傷者が増えてきました。

アメリカやそれに同調する解説者は「ヒズボラの背後にイランとシリアがいる」と言うのですが、イスラエルはついに国連停戦監視団の施設と人員を攻撃しました。またイスラエルの死傷者も増えていると伝えたれています。

 イスラエルへの軍事支援は米国。米国の民間研究機関『世界政策研究所」がアメリカの対イスラエル軍事支援について報告書を公開しました。それによると、直接・間接の軍事支援は、2001年からの5年間で総額約2兆円もの額になるそうです。内訳は省略しますが、イスラエルが購入する兵器システムの大半がアメリカ製です。

 イスラエルは現在、F16戦闘機226機、F15戦闘機89機、M60戦車711両、M113装甲兵員輸送車6331台にのぼるそうです。

 このほかニュヨークタイムズは「ヒズボラとの戦闘を続けているイスラエルに、アメリカ政権は「精密誘導爆弾の輸送を加速している」と報じています。同紙は米国当局者の話として「精密誘導爆弾の輸送は、昨年認められた対イスラエル武器売却計画によるもので、イスラエルはレーザー誘導爆弾GBU-28を100基購入でき、さらに衛星誘導爆弾も入手できることになっている」

 さて、これらを使って国連施設や要員を「ピンポイントで攻撃している」となると、「アメリカによる中東民主化」の実態がどのようなものか、「軍事力による制圧」がアメリカ民主主義ではないと思うのですが。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月13日 (土)

相模原市の「国民保護計画」?

相模原市で「有事(=戦争)の準備」に備える条例を作るんだって?

 小泉内閣が有事(戦争)に国民を動員する法制を作ったけれど、その一つの「国民保護法」によって『相模原市保護計画を作る協議会』設置条例をつくるらしい。

 そもそも医療制度改悪で負担増、介護保険の負担増、障害者への負担増、などなどの続きとして米軍への3兆円提供計画(国民一人当たり2万5千円になる)など、国民所得剥奪の自公政権が、「国民を保護する」ことなど考えられない。

 だから「国民保護」といいながら、実は米軍と自衛隊が自由に行動できるようにという法律だから、それを具体化するとなれば、昔、市民がこぞって立ち上がった「相模補給廠からベトナムへ運ぶ戦車を止めるという、勇気ある平和のための行動」などは、規制されるのではなかろうか。

 なぜなら、作られようとする「協議会」が、先の合併協議で明らかのなった「まちづくりビジョン検討委員会」のようになることは明らかでしょう。あのときの「公募」で集められた委員は、はじめからたいしたビジョンを持っていなかった。大学教授の誘導と、事務局の周到な準備で敷かれたレールを走っていただけ。協議と言うより「事務局へ質問するだけ」が発言のすべてのような感じだった。

 まして今度の協議会は、米軍と自衛隊の海外派兵司令部が駐屯することになる相模原市だから、自衛官が「協議会」に入ることも考えられる。
市民は「専門家」がメンバーにいればその意見に対して異論を言えない(言わない人が集められる)から、どんな内容になるかはイマから見えているのでは?

 このことの成り行きが心配です。どなたか詳しくおしえてください。(あきさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)